第31回 一般社団法人 日本小児口腔外科学会 総会・学術大会 in 金沢

The 31st Japanese Society of Pediatric Oral and Maxillofacial Surgery

大会長挨拶

大会長挨拶

子どもの夢 ―守る、支える、育む― 小児口腔外科の現在(いま)

第31回一般社団法人 日本小児口腔外科学会総会・学術大会長
石川県立中央病院 歯科口腔外科 科長・診療部長
宮田 勝

このたび、第31回一般社団法人日本小児口腔外科学会総会・学術大会を、
2019 年11月22日(金)・23日(土)の2 日間、石川県金沢市の金沢市文化ホールを会場に、開催する運びとなりました。

本学会の北陸地区での開催ははじめてとなります。
開催テーマは、「子どもの夢―守る、支える、育む―小児口腔外科の現在(いま)」といたしました。平成時代から令和新時代に伝えたい、小児手術のポイントや小児の歯・顎・咬合誘導のポイントを、小児をしっかりと大切に、‐守る、支える、育むー、専門領域の会員一同が金沢に集結して、大いに議論を深めていく大会を企画しております。

子どもの夢を守る、支える、育むために、私たちが今、しなければならないことは何か。
まずはこれまでに培ってきた診断技術、治療技術を顧みて、よりよき点を平成から令和新時代に繋ぐことであると考えます。

一般口演におきましても、動画の使用は可能です。
ビデオセッションもありますので、おおいに演題のご応募をお願い申し上げます。

会場周辺には、尾山神社、長町武家屋敷、兼六園、金沢21世紀美術館など多数の文化施設が徒歩圏内にあります。
立ち止まって思索にふけるのにもよい環境です。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

末筆ながら、皆様の益々のご発展とご繁栄を祈念いたしております。